テープ起こし(文字化)技能テストとは?

こんにちは、竜太です。

テープ起こし技能テストというものをご存知でしょうか?

テープ起こし技能テストというのは、録音された音声を文字化する技能を評価するテストの事で、採点方法は合格・不合格ではなく、1000点満点のスコア制となっています。

音声を文字化するのに合否だけでは一定の基準にしかならず、どの程度の実力があるのかがわからないからというので、それを明確にするためにスコア制になっているのです。

文字起こし技能テストは結果が数字で表示されるので技術レベルがわかりやすく、定期的に受験することで実力を知ることができます。

また、実力をはかるだけでなく、今の自分がどれだけレベルアップできたのかや、継続的にスキルアップできているというクライアントへのアピールにも使うことができます。

テストとは言っても、試験会場に行って行うのではなく、普段文字化することが多い自宅や学校・会社などで、使い慣れたパソコンを使って受けることができます。

ただし、ネット環境が整っていることが大事です。

テスト問題の提示や解答はインターネットを使用して送信すればOKなので、気軽に行うことができます。

一回受けるときの料金は5,400円です。

音声の文字化は、会議や講演会などの記録を文字化するときに役立ちますし、出版業界ではインタビューの音声起こしなどでも使えます。

また、映像業界では番組のテロップ入れや字幕制作などでも使うことができるので、テープ起こしライターでなくても、図っておくと役立つ場面は非常に多いです。

興味がある方は是非一度受けてみてはどうでしょうか?